FC2カウンター


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


プロフィール

千愛

Author:千愛
Elysionζのエンブレム。
よくよく見るとかわいい。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今さっきまで見てた夢を書いてみる。

とても怖かった。

「ユメカルテ」というサイトがあり、夢の内容を入力すると(たぶん無料で)診断してくれるという画期的なところがあるんだけど、朝7時に接続しようとしたら一向にページが表示されなかった。日本各地にいる人たちが今日見た夢を診断なうだったからかなって思った。サーバー重いねん的な。

・夢の内容1個目(オチなし、怖くないやつ)
 私は高校生だった。土曜日なのに学校のある日で、母親にそのことを伝えてなかった。だから弁当が作られてなかった。私は文句を言いながら自転車に乗って学校に向かった。
 弁当は近くのコンビニで買うことに決めた。コンビニに着くと、弁当売り場に人が群がり、ご飯とオカズがセットになっているものから優先的に搾取されていって、私はオカズのみのものしか買えなかった。仕方なく学校に向かうのだけれど、どうしてもご飯が欲しくて、Uターンしてコンビニに戻った。
 コンビニに戻ってご飯物を選ぶが良いのがない。第一候補を決めて放置していたら他の人が持って行く始末。
 なにがどうなったのか忘れたが、女性店員さんが私のために、ラップの上に白米を大量に乗せて、その上にカレーをドバドバかけ、ラップで包んでくれた。カレーライスはとても大きく、アシスタントの小さい女の子もがんばってくれてた。 さて行くか、大遅刻だけどね。あとなぜか校長がコンビニにいた、もしくは店員になっていた。
 自転車をこいでると、時折自転車が巨大化し、10~30mくらいの高さになることがある。そうなるとバランスを崩して倒れてしまう。普通死ぬけどなぜかほぼ無傷で、同じことを繰り返しながら学校に急いでいた。倒れるとき、なかなかの怖さ。オチがないです。

・夢の内容2個目(起きたとき心臓バクバク)すでにうろ覚え!
 男3、女3のベンバーで町内を歩いていた。私もその中にいた。ちなみに仲間の5人とも知らない顔です。時間は薄暗かったからきっと夕方と夜の境目くらいだと思う。どこかからか悲鳴が聞こえた。6人とも「なにごと?!」と焦っていた。みんなで逃げた。途中で化け物1体に遭遇したと思う。化け物は、この動画内に出てくる奴だったと思う。

人間をとてもグロテスクに食べていたので逃げた。町の中のたくさんの人たちも逃げてた。大勢の人が逃げる方に一緒に流れるように走って、いつの間にか学校の校庭にみんな集まっていた。学校の校庭だったかな・・・近所にある「ふれあい広場」だったような気がする。たぶん「ふれあい広場」だ。
 逃げてきた全員、化け物が来るであろうところから少しでも遠くに行こうと、広場の隅に我先にと集まっていってた。
 [場面が飛ぶ]
 逃げてきた人たちは、例えれば学校の全校集会のような並びをさせられていた。殺されるのを怯えて待つ気分だった。
 化け物は人間になっていた。男だった。逃げていた人間の1人が男の代弁をしていた。男の声は小さかったので、その人が大きな声で伝える感じ。男は元は人間で、なんたらかんたらで一時的に化け物になってしまうらしかった。化け物になると人間を襲ってしまうらしい。すでに何人も犠牲になってますね。話によると、あと1週間過ぎると化け物にならなくなるらしかった。なぜか代弁者は、化け物になる男は安全であると訴えているらしかった。
 私のいる位置は、正方形の左上の四隅。広場を背の短い木がぐるりと囲んでいて、草葉に触れられるくらいの場所にいた。左に座っていた仲間の1人の男の子が話しかけてくるが、ちょっとウザかったので肘で小突いて黙らせた。私は、真後ろにいるもう1人の仲間の男の子の話を聞いていた。私はなぜか右手を後ろに回してそいつと手を握り合っていた。そいつの話声は私だけに聞こえているように思えた。
 話を要約すると、このままだとここにいる全員死ぬから、逃げようと言うものだった。そいつの言葉には妙に納得してしまった。しかし逃げたら逃げ損ねた人間が殺されるパターンだ。二の足を踏んでいると、いきなりそいつが走って近くの物陰に隠れた。こっちに来いと必死にジェスチャーされた。私はそっちの方に走った。仲間2人もあとに続いた。
 そいつに早く逃げるよう言われた。そのとおりにした。そいつはなぜか1人だけその場に残って、大声で何かを言っているらしかった。あとで考えると時間稼ぎだったのではないかと思う。
 男がだんだんと化け物に変わっていった。みんなが悲鳴を挙げながら逃げ始めた。化け物の近くにいた人から殺され始めた。私はひたすら走っていた。罪悪感が半端なかった。

 全力で走っているところで眼が覚めました。おはようございます。ドキがムネムネです。オチがないです。

 昨日、仕事が休みだったので、母、姉、私で米子市に行きました。カフェロッソでコーヒーブレイクをかました後、イオンに行きショッピング。私はまた小説を買いました。乙一の「小生物語」です。市立図書館には置いてないのに、関金図書館にはあるという困った本です。読みたかったので、買えてよかったです。
 「小生物語」は乙一という作家さんの、虚実入り混じったブログ日記を書籍化したぜっていうものです。高校の頃に読んで爆笑していたのに、今はクスリと笑う程度に。笑いのツボが変わったんですかね。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://elysion801.blog90.fc2.com/tb.php/199-25acbd07

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。